ARTIST STATEMENT



Through graphic design, I am searching for a language to express the present. There is a Japanese word called “Fuekiryuko” (unchanging prevalence) and my goal is to conduct a think tank-like research on the word “ryuko” (prevalence). As a visual artist, I am looking for universal values that don’t change with human technology and technique.
These values transcend through generations, like the human traits, actions, changes in emotions present in Dostoevsky and Natsume Soseki’s novels. 
These personal experiences, which words cannot explain, is also known as qualia (quality). At times, however, Qualia can be a shared experience. This invisible line is what excites me. My aim is to create art that explores the shared boundaries of self and other environments.
There are indeed many ways to do so, but I want to devote time to develop and bring out beauty and human qualities that are universal. The process of doing so is a timeless experience.
In the Collectivity series, the organic lines formed by the gaps between pieces acknowledges the existence of invisible boundaries. The artworks look like drawings even though there are no drawn lines; the resin valley emphasizes the fact that boundaries exist without them. It is the invisible lines that give the boundaries equal recognition as depth, space, and matter all come to equal focus. These lines, which can be specifically observed in Asian Art, is visualized. They are seen as gaps between space and matter here; each part reminding us of the complexity and miscibility of various things. Moreover, the material, color gradation, and texture expand differently in the artwork to emphasize the lines and diverse composition.
The cluster of lines series aims to acknowledge the existence of lines present in the gaps of sequential animation drawings. Focal points change based on how the lines depict speed. This is an experiment to sense the time gap by occasionally giving the lines equal focus.


グラフィックデザインを通じて、現代を言い表す言語を探っている。不易流行という言葉があるが、その流行の部分をシンクタンクのフィールドワークの様にリサーチする目的である。
そして、それを受けて、ビジュアルアーティストとして、
人間がいかに手法や、テクノロジーを駆使して表現を変えようとも、普遍的に変わらない不易なものを見出そうとしている。
例えばドストエフスキーや夏目漱石の小説を読んだ時、人間特有のどの時代にも感じる、人間臭さや、仕草、感情の移り変わり。
これは言語化が不可能な、クオリア(質)と呼ばれるが、実に私秘的なものでもある。しかし、ある瞬間他人と共有される。その目に見えない境界にワクワクするのだ。自分とそれ以外の環境の境目を探るような、共感の境界線を探るための創作を目指している。

手法は勿論問わないが、そこに普遍的な美しさや、人間的なものが滲み出てくるまで、時間を賭して発展していきたい。それが時代を超える共感だと思う。

Collectivityシリーズの持つ、
パーツの隙間が生み出すオーガニックなラインは、描かれてはいない線の存在を認識させる。ドローイングの様だが、実際には線は描かれていない。樹脂による谷間がそれをより強調させる。境界はあるが線はない。描かれていない線により境界は等しく認識される。奥行き、空間、モノは、全て等しいフォーカスが当てられる。アジア圏特有の線による描画への考察をビジュアル化している。
ここでは、線を空間と物体の裂け目と捉えている。各パーツは、多様な事象の複合性と混合性を連想させる。
また、多様性の混合、線を強調するため、素材、色階調、テクスチャなど様々な発展性を持っている。

 

The cluster of linesシリーズは、ドローイングによる連番アニメーションの隙間に存在する線の存在を認識させることを目的としている。線の描写スピードによって、フォーカスする視点が変化する。
時に等しくフォーカスを当て時間の裂け目を感じさせる実験である。